笑顔あふれる「街」松山市を目指して 松山市議会議員 武田こういち

四国電労宇和島支部定時大会

 7/6(土)に四国電労宇和島支部の定時大会に参加しました。

この大会は、四国電労宇和島支部の昨年度の報告と

今年度の活動方針を決定する大切な大会です。

私も、組織内議員として参加し、近々の活動状況などを

報告をさせていただきました。

四国電労松山支部定時大会

 7/5(金)に 四国電労松山支部定時大会に参加しました。

この大会は、四国電労松山支部の昨年度の報告と

今年度の活動方針を決定する大切な大会です。

私も、組織内議員として、近々の活動状況などを

報告をさせていただきました。

そして、大会終了後に執行部のみなさんと色々な

お話をして、親睦を深めて来ました。

これからも、松山市議会議員として、精一杯活動してまいります。

四国電労新居浜支部定時大会

 7/3(水)に 四国電労新居浜支部定時大会に参加しました。

この大会は、四国電労新居浜支部の昨年度の報告と

今年度の活動方針を決定する大切な大会です。

私も、組織内議員として、近々の活動状況などを

報告をさせていただきました。

そして、大会終了後に執行部のみなさんと色々な

お話をして、親睦を深めて来ました。

これからも、松山市議会議員として、精一杯活動してまいります。

四国電労伊方支部定時大会

  6/19(水)に 四国電労伊方支部定時大会に参加しました。

この大会は、四国電労伊方支部の昨年度の報告と

今年度の活動方針を決定する大切な大会です。

私も、組織内議員として参加させていただきました。

そして、大会終了後に執行部のみなさんと色々な

お話をして、親睦を深めて来ました。

これからも、松山市議会議員として、精一杯活動してまいります。

四国電労西条発電所支部第61回定時大会

 6/18(火)に 四国電労西条発電所支部第61回定時大会に参加しました。

この大会は、四国電労西条発電所支部の昨年度の報告と

今年度の活動方針を決定する大切な大会です。

私も、近々の活動状況などを報告をさせていただきました。

そして、大会終了後に執行部のみなさんと色々な

お話をして、親睦を深めて来ました。

これからも、松山市議会議員として、精一杯活動してまいります。

人間ドック

 5/30(木)に鷹子にあるJA愛媛県厚生連健診センターで人間ドックを受けました。

前日の夜から飲食を控えて、当日の朝8時すぎに健診センターで受付を済ませ、

更衣室で着替えをすませ、受診しました。

日頃の健康管理が良いのか?

特に大きな問題もなく要観察が2つある程度でした。

これで、安心して仕事に打ち込めます。


環境モデル都市(西粟倉村)視察

 528日に西粟倉村(環境モデル都市)を視察いたしました。
 西粟倉村は、百年の森林事業の挑戦を核とし、「百年の森林事業を
通じた温室効果ガスの吸収量拡大」、「再生可能エネルギー・
電気自動車導入等による低炭素モデルコミュニティの構築」、
「『上質な田舎』をテーマとした都市住民・企業との交流による
低炭素社会に向けた意識涵養」などを活動の柱として、
「上質な田舎」を目指した、低炭素モデル社会の創造に取り組んでいた。

百年の森林事業を通じた温室効果ガスの吸収量拡大では、
…拘施業委託による森林整備の継続、団地化推進員制度の導入、
L攤猯通の改良、だ尚請匯査爐砲茲觸斬陲良甬據公共施設の建設検討、ICT「百年の森創造情報システム」の機能拡張に取り組んでいた。

再生可能エネルギー・電気自動車導入等による低炭素モデルコミュニティの構築では、‐水力・マイクロ水力による発電施設の導入、
村内木質バイオマスのエネルギー活用、B柴盡共施設への
太陽光発電施設導入、づ典ぜ動車を活用した業務移動・公共交通の
低炭素化の実施、ズ匈音のエネルギー・移動供給手段としての
電気自動車活用方策の検討に取り組んでいた。

「上質な田舎」をテーマとした都市住民・企業との交流による
低炭素社会に向けた意識涵養
では、.侫レストック認定制度の
対象森林の拡大、▲ーボンオフセットによる企業との連携拡大、
E垰垠自治体との連携拡大、ぢ慮碍心儻の拡大による都市住民
との交流促進、セ唆抜儻メニューによる企業・都市圏自治体
との交流のきっかけ作りの提案に取り組んでいた。

この中で、「百年の森林事業」では、西粟倉村役場が中心となり、
森林組合と螢肇咼爛靴箸了絢圓膿肯售浜基本合意書を
締結したえうで、森の学校プロジェクトや雇用対策協議会等とも
協議しながら事業運営していた。
 また、「共有の森ファンド」投資者ツアーや森林所有者に対する
「新しい森林づくり発見ツアー」等の取り組みも積極的に行っていた。


環境モデル(神戸市)視察

  528日に神戸市(環境モデル都市)を視察いたしました。
 
神戸市は、人口:154万人(69万世帯)・面積:553km2の全国で
5番目の規模の都市であるとともに、1995年の阪神・淡路大震災からの
復興を経験した都市でもあり、約3割の市街地に、人口の7割(100万人)
が居住している都市であった。

 今回は、「環境モデル都市神戸」の取り組みにを視察することとし、
神戸市環境局資源循環部環境未来都市推進室さまから取り組み概要の
説明を聞き意見交換をさせていただきました。

 神戸市は、「神戸スマート都市づくり計画」を全国に先駆けて策定し、
低炭素化を推進しており、「エネルギー(土地利用)」、「水とみどり」、
「都市交通」の3本柱で取り組んでいた。

エネルギー」では、〇圓慮有財産を活用した創エネの推進、
◆屬海Δ戰丱ぅガス事業」のさらなる展開、クリーンセンター
でのごみ発電、ぁKOBEろっこう・かもめ発電」の取り組み、
ゥ檗璽肇▲ぅ薀鵐秒篭茲砲ける地域ESMS構想の5項目で取り組んでいた。

 「水とみどり」では、都市山 六甲山の多様な機能を最大限活用! 
に取り組んでいた。

都市交通」では、超小型モビリティの活用による新たな交通手段の
創出に取り組んでいた。

 この中で、「こうべバイオガス事業」のさらなる展開では、
従来、下水処理過程で発生する消化ガスを高度精製し、市バスや
都市ガス(日本初)に利用していたが、今回、新たな取り組みとして、
スイーツ等食品製造系廃棄バイオマスや六甲山間伐材・剪定枝等を
下水汚泥と混合させて、バイオガス発生量を増加(2,000世帯⇒5,000世帯)
させていた。

環境モデル都市(新潟市)視察

 527日に新潟市(環境モデル都市)を視察いたしました。
 新潟市は、日本海側の交通の要衝として発展してきた
人口:81万人(松山:51.5万人)・面積:726km2(松山:429 km2)
日本海側最大の都市(政令指定都市)で、また、食料自給率が約63%
販売農家数全国1位、農業出荷額全国3位でもあり、田園と都市が一体
となっており、市民の環境意識が非常に高いよう感じた。

今回は、「田園型環境都市にいがた」〜地域が育む豊かな価値が
循環するまち〜について視察させていただきました。
 まず、
新潟市環境部環境政策課の三富課長から、
「田園型環境都市にいがた」への取り組みの概要説明を受けた後に
意見交換をさせていただきました。

新潟市では、豊かな価値の循環を田園部と都市部で「人」、
「食・文化」、「エネルギー」等多様な価値の循環をベースとして
「田園環境の保全・持続可能な利用」「スマートエネルギーシティの構築」
「低炭素型交通への転換」「低炭素型ライフスタイルへの転換」
4本柱で取り組んでいた。

田園環境の保全・持続可能な利用」では、
ヾ超保全型農業と農業の低炭素化の推進、地域資源の有効活用、
バイオマス資源の持続可能な利用、づ脹犂超を活かした文化空間の創出、
セ坡甲呂鬚笋気靴包み込む田園環境の保全等に取り組んでいた。

 「スマートエネルギーシティ(SEC)の構築」では、
SECの構築に向けた地域特性を活かした再生可能エネルギー導入拡大、
¬ね用エネルギーの徹底活用、新潟市版スマートエネルギーシティ
の構築等に取り組んでいた。

低炭素型交通への転換」では、ヾ雋憾共交通軸の強化、
地域の公共交通の強化、E埒乾▲セスの強化、ぅ皀咼螢謄の
低炭素シフト等に取り組んでいた。

低炭素型ライフスタイルへの転換」では、
…稈坐之深匆颪悗凌佑鼎り、建築物の省エネルギー化、
資源循環型社会の構築、ぅ好沺璽肇ΕД襯優好轡謄の
構築(総合特区)等に取り組んでいた。

南小坂運動会

5/26(日)に拓南中学校で南小坂の運動会がありました。

私も来賓でしたが、「百足競争」等の3〜4競技に参加させていただきました。

「かけっこ」は、小学生以下が学年別・男女別に分かれて元気よく競争していたし、

一般も皆さんも積極的に各競技に参加している活発な運動会でした。

小学生が粉の中のアメを手を使わないで直接食べる競技では、

男子と女子とも顔を真っ白にした、まさに白熱した競技が繰り広げられました。

今年も、松山市の活性化のため地域の行事にも積極的に参加し、

少しでも地域の活性化に協力したいと思います。


武田こういち後援会事務所

〒790-0963
松山市小坂5丁目18-6