笑顔あふれる「街」松山市を目指して 松山市議会議員 武田こういち

南小坂盆踊り

8/5(土)  南小坂の盆踊りが四国銀行の駐車場であり、

参加してまいりました。

盆踊りが始まるとすぐに雨が降り始める、そんな天候の中で、

 

参加者は、大人が50人位で子供が20人位に感じました。

雨の中、地元の皆さんと楽しい時間を

共有させていただきました。

 

 

また、途中で歌手の「えひめ憲一」さんが飛び込みで歌ってくれました。

今後も、色々な催しに積極的に参加しようと思っていますが、

同時に、地元の皆さんが楽しみにしている盆踊り・お祭り等の

歴史や文化を守っていかなければと感じました。


湯釜祭

8月1日 9:30〜 道後公園北口湯釜薬師前で

 

湯釜祭があり、参加させて頂きました。

 

道後の温泉が湧き続け、道後が発展し、

 

松山が賑わう事を願いました。

 


第50回南小坂運動会

5/28(日)に拓南中学校で南小坂の運動会がありました。


私も来賓として参加し、「カード合わせ競争」などの3〜4競技に参加させていただきました。

「小学生かけっこ」は、小学生以下が学年別・男女別に分かれて元気よく競争していたし、

一般も皆さんも積極的に各競技に参加しているアットホームな運動会でした。

小学生が粉の中のアメを手を使わないで直接口で取り走る競技では、

男子と女子とも顔を真っ白にした、まさに白熱(顔)した競技が繰り広げられました。

今年は、第50回の記念大会でもあり、「みきゃん」も応援に駆けつけてくれました。

 

今後も、松山市の活性化のため地域の行事にも積極的に参加し、

少しでも地域の活性化に協力したいと思います。

準備、後片付けをされたみなさんお疲れさまでした。


第28回南小坂演芸大会

 3月12日13時〜 南小坂分館で第28回南小坂演芸大会が開催され、

 

地域を元気づけるために私も1曲歌わせて頂きました。

 

これからも地域のため、松山市のため頑張ります。

 

 


かごしま環境未来館視察

214(PM)、かごしま環境未来館を視察しました。

 

 かごしま環境未来館では、

  指定管理者である公益財団法人かごしま環境未来財団の事業課から

 研修室で説明を受けた後、館内を案内・説明を受けました。

 

 研修室での概要説明では、設置目的や施設概要、展示の構成や運営状況等を聞き意見交換後

展示ゾーン毎に説明を受けました。    

  ゾーン1 世界はつながっている

  ゾーン2 地球はすでに限界を超えている

  ゾーン3 わたしたちがしてきたこと わたしたちがすべきこと

  ゾーン4 あの日に帰って考える今日という名の未来

 ゾーン毎に説明を受けたこともあり、非常にわかりやすく、また、かごしま環境未来館全体の

思いも理解しやすい造となっていた。

 

 鹿児島市も環境モデル都市ではないが、環境問題に対する意識が非常に高いと感じた。

それぞれの市町村で置かれている環境(状況)は違うが、それぞれの状況の中で、

自分たちに何ができるかを真剣に考えて対応していることが理解出来た。

 私も自分にできる小さなことから努力していこうと再認識しました。

 


都城市視察

214(AM)、宮崎県都城市を視察しました。

 

宮崎県都城市では、

 最初に敬老特別乗車券(敬老バス券)の交付事業について福祉課から、説明を受けた後、

質問・意見交換しました。

 

 1.経緯では、H18年に合併の四町も事業対象としている

 2.対象者は、70歳以上で宮崎交通・高崎観光バス・三州自動車の3社利用可能

 3.対象バス運行状況は、宮崎交通38路線・高崎観光バス2路線・三州自動車6路線

 4.委託料宮崎交通59百万・高崎観光バス17百万・三州自動車1百万

 5.更新手続き年度管理しているが、4月当初は無理なので1か月は延期している

 6.手数料及び利用料金は、1回につき100円で更新料金1000円徴収

 7.事業実績H189,629H217,006H245,235H274,396人と減っている

 8.問題点・課題等としては、利用者の減少と路線・便数が減少傾向にある

 9.その他として、地域公共交通会議や公共交通ヒアリングで色々と検討している

 

 事業としては、市民の皆さんからは良い評価をもらってはいるが、要望として都城市内

だけでなく、県内で利用出来るようにしてもらいたい。などの声があるとのことでした。

 

 次に、都城市ファミリーサポートセンター事業について保育課から、説明を受けた後、

質問・意見交換しました。

 ファミリーサポートとは、育児などの援助を受けたい人(利用会員)と育児などの援助を

行いたい人(援助会員)が会員になってお互い助け合います。例えば保護者の方の急用や

病気などで困った時や、子育てに専念している方がリフレッシュしたい時など、

ゆとりを持って子育てができるように育児に関する相互援助を行うシステムでした。

都城市ファミリーサポートセンターの話では、市民の皆さんの評価も良いとのことで、

年に2回程度援助する人(援助会員)の研修会も行っているとのことでした。

 また、子育て等を考え子供を持てない世帯を地域で後押しする思いが伝わってきました。

 

 少子化・高齢化が進んでいる社会において、今回の視察で学んだ事を生かした活動に取

り組み松山市の更なる発展に努めたいと感じました。


研修会(アルツハイマー病を克服する街づくり)

  112日に「アルツハイマー病を克服する街づくり」研修会があり参加しました。

 

  講義の中で最初に、認知症とかアルツハイマー病と言う言葉を聞いた事があると思うが、

 

言葉の意味が正確に理解できていると思う人はいますか? 

 

の質問から講義が始まった。

 

 認知症とは症状であり、病名がアルツハイマー病(50%)、レビー小体型認知症(20%)

 

脳血管性認知病(15%)、前頭側頭葉変性症[ピック病](15%)であると理解できました。

 

認知症は症状であり、アルツハイマーは病名

分   類

原因・兆候

アルツハイマー型認知症

海馬を中心に脳の委縮、短期記憶力が低下

レビー小体型認知症

レビー小体というたんぱく質出現、脳神経細胞が減少

脳血管性認知症

脳血管障害により脳が部分的にダメージを受ける

前頭側頭葉変性症(ピック病)

前頭葉・側頭葉の委縮が出現、自発性・社会性が低下

 

認知症は症状によって基本カルテが違う

 

分類(全体に対する割合)

基本カルテ

 

アルツハイマー型認知症

長期記憶が残存、それを活かして音楽療法等に参加

 

約50%

上書き頻度を高める

 

レビー小体型認知症

幻視を訴えられたら、話をあわせて安心させてあげる

 

約20%

一緒に俳優として競演する

 

脳血管性認知症

消極的な生活が見られるので、様々な活動への参加を促進

 

約15%

いろんな商品を用意する

 

前頭側頭葉変性症(ピック病)

常同行動を強引に止めさせず、笑顔で対応

 

約15%

保育園の子ども対応と類似することもあり

 

短期記憶:電話帳の番号を覚えて、すぐ電話をかける時の記憶

 

長期記憶:幼少期の鮮明な記憶や学習を通して得た知識、また、職人の技術など言葉で表現できない記憶

 

健康な人の脳     アルツハイマー病の人の脳

 赤の囲みが海馬(短期の記憶)

 

  また、介護保険制度の仕組みについて再確認できました。

     公費50%(:25%[国庫負担金調整交付金+定率分],:12.5%,:12.5%)

    保険料50%(1号保険料[65歳以上]:22%,2号保険料[4064]:28%)

 

 最後に、高齢化が進んでいく中で多くの人が認知症になる事を踏まえて、

 

認知症に自分もなると想定し準備をすることも今後必要であり、そのためには、

 

「記憶の扉ノート」が有効であるとのことでした。

(昔の事は覚えているので思い出を綴った物があれば会話がすすむ

 例:好きだった歌や歌手、趣味や昔の仕事等)

 

今回の研修会で学んだ知識を今後の活動に生かし、松山市の発展に寄与したいと思います。

 

 


南高井消防ポンプ蔵置落成式

5/28 13時から南高井消防ポンプ蔵置落成式に参加しました。

 

近い将来に予想されている南海地震等発災に各地域での

 

対策拠点となる南高井ポンプ蔵置所が無事に完成しました。

 

市民の皆さんの安全を守ってくれている消防関係者に少しでも

 

働きやすい環境を作ることも大切だと思います。

 

これからも、松山市の発展に努めたいと思います。


平成28年熊本地震被災者支援のための街頭募金活動

松山市議会議員の有志で、平成28年熊本地震被災者支援のための街頭募金活動を

5/10と5/14の2回実施しました。

私は、5/14に参加し、大街道の入り口(一番町側)で通行中のみなさんに

募金のお願いをさせていただきました。

みなさんの厚意により、2日間で76,486円の義援金が集まりました。

ありがとうございました。




堀江分団福角消防ポンプ蔵置・久枝分団消防ポンプ蔵置落成式

5/8 14時30分から堀江分団福角消防ポンプ蔵置落成式に参加し、

続いて、15時20分から久枝分団消防ポンプ蔵置落成式に参加しました。

近い将来に予想されている南海地震等発災に各地域での

対策拠点となるポンプ蔵置所が無事に完成しました。

市民の皆さんの安全を守ってくれている消防関係者に少しでも

働きやすい環境を作ることも大切だと思います。

これからも、松山市の発展に努めたいと思います。


武田こういち後援会事務所

〒790-0963
松山市小坂5丁目18-6