笑顔あふれる「街」松山市を目指して 松山市議会議員 武田こういち

臨時議会


7月23日に臨時議会が開催されました。

 今議会は、6月定例会(6/187/7)が行われてから、間の無い臨時議会であり、市長から、臨時議会の開催に対する基本的な考え方を含めた議案提案説明が10時からありました。

 

松山市水源の森基金条例の一部改定(松山市以外でも基金を使用可能とする改定)と、そのための1億円追加積み立てが審議内訳でした。[現在の基金は、約5億円ありますが、これは、松山市内に対して使用が可能な基金であるため、松山市以外の水源に対しても使用出来る基金を1億円追加積み立てするものです。]

 

各会派から質問が提出され、理事者答弁後に、水資源対策特別委員会に付託されることとなりました。

 

13時すぎから委員会で賛成・反対の意見が出されたうえで審議され、水資源対策特別委員会では、否決されました。

 

これを受けて、議会事務局で委員長報告書を作成し、20時30分から議会が再開され、水資源対策特別委員会の委員長報告がありました。賛成・反対の激しい論戦が行われ、最後は、記名投票による表決を行いましたが、賛成多数(賛成24人・反対17人)となり原案可決されました。

 

全議案の採決が終わり、臨時議会の閉会を宣言したのは午後9時を回っておりました。

 

 私は、松山市の最重要課題である水問題が進展し、松山市が少しづつでも、確実に住みやすい「街」となるよう、全力で頑張りますので今後ともご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

臨時議会の説明会

 昨日は、臨時議会の議案等の説明会があり、

水資源関係の議案が主となる臨時議会が、

23日に開催される説明がありました。

6月定例会報告

議場.jpg

 松山市議会6月定例会は、6月18日〜7月7日まで開催されました。

 

 今議会は、去る4月25日に市議会議員選挙が行われてから、

初めての定例議会であり、市長が、市政運営に対する基本的な考え方を

述べた後に議案提案説明がありま
した。

 本会議での一般質問(4日×4:16人)では、それぞれの立場から

激しい質問戦がありました。

  その後、各委員会で審査がありました。

私が、所属している産業経済委員会では、4項目の審査がありましたが、

すべての項目が原案可決いたしました。

  

議会最終日(7/7)は、日程通り、初めに市長提出議案の表決を行い

「平成22年度一般会計補正予算」始め12件を全会一致または賛成多数で

原案可決あるいは同意いたしました。

 

つづいて、請願3件の表決を行い、全会一致で継続審査と決定いたしました。

 

地域主権検討特別委員会設置について賛成・反対の激しい論戦が行われ、

最後は、記名投票による表決を行いました。

結果は、賛成多数(賛成24人・反対20人)で原案可決され、今後、

議会の活性化に向け、今回設置の地域主権検討特別委員会において、

議員定数問題や議員待遇見直し、また、政策立案型議会への転換や

開かれた議会づくりのための市民参加のあり方などを調査・研究

していくこととなりました。

 

 注目の水問題について、「水資源対策特別委員会」設置案の、

採決を行いましたが、特に反対意見もなく原案通り可決しました。

これにより、「水問題」についても、水資源対策特別委員会で検討する

こととなりました。

 

 最後に人事議案3件についても、原案通り同意と決定いたしました。

 

全議案の採決が終わり、6月定例議会の閉会を宣言したのは午後7時頃でした。

 

 私は、新人ではありますが、少しでも、みな様のお役に立ちたい

そして、松山市が少しずつでも、確実に住みやすい「笑顔あふれる

となるよう、全力で頑張りますので今後もよろしくお願いいたします。


7月7日市政報告予定

 7月7日に市政報告予定です。


武田こういち後援会事務所

〒790-0963
松山市小坂5丁目18-6