笑顔あふれる「街」松山市を目指して 松山市議会議員 武田こういち

12月定例会(2)

 12月19・20・21・25日に行われた一般質問(5人×4日:20人)では、「子どもの医療費関係」、

 

「防災関係」、「改正水道法関係」等についての質問が多いと感じました。

 

 そして、一般質問終了後に各常任委員会に議案が付託されました。

 

 今後、12月26日が委員会審査、12月28日が表決の予定です。


12月定例会(1)

 12月定例会は、12月13日〜12月28日まで16日間の予定で始まりました。

 

 12月13日は、「議席の変更」、「会期の決定」、「諸般の報告」があり、その後、

 

「認定第1号」と「認定第2号」の平成29年度決算の認定関係が委員長報告、質疑、

 

討論後の表決で全会一致あるいは賛成多数で認定・原案可決されました。

 

 次に、「議員の海外派遣について」が承認されました。

 

 次に、議案第85号〜第120号が提案説明されました。

 

 次に、議案第85号〜第92号の表決があり、原案可決しました。

 

 次に、議案121号「市議会議員等報酬・期末手当及び費用弁償条例の一部改正について」

 

が賛成多数で原案可決となりました。

 

 今後、12月19・20・21・25日が一般質問、12月26日が委員会審査、12月28日が表決の予定です。


えひめ民社協会視察(2)

  119日の航空自衛隊那覇基地の視察では、パワーポイントを使って

 

那覇基地の概要説明等をしていただきました。

 

 その中でも特に、航空自衛隊の編成・配置や緊急発進時の

 

飛行パターンそして、最近の中国などとの緊張感が高まっている事もあり、

 

国別緊急発進回数も増加の傾向にあるとの事で365日、昼夜を問わず

 

日本の空を守っていただいており、自衛隊の皆さんのおかげで私たちが

 

安心して暮していることをあらためてありがたく思いました。


えひめ民社協会視察(1)

  118日、沖縄県企業局の海水淡水化センター(沖縄県北谷町)を視察しました。

 

  沖縄県企業局海水淡水化センターさまから、海水淡水化設備の概要説明を

 

受けた後に設備見学をさせていただきました。

 

      海水淡水化センターの必要性(沖縄は、地理的に水源確保が難しい)

   海水淡水化施設の概要(40,000t/)

   事業の経緯(H7一部供用開始[10,000t/] H9施設完成[40,000t/])

   海水淡水化技術のメリット(季節や気象条件に左右されない水源の確保)

   海水淡水化施設の海域への影響(水中拡散放流12m先で3.54%の海水)

   海水淡水化施設の造水コスト(170/1㎥と造水コストが發)

   海水淡水化技術の種類(蒸発法・逆浸透法・電気透析法)

   浸透圧のはなし(3.5%海水の浸透圧は約2.5MPa)

   逆浸透膜の構造

   設備見学

 

 現在、修繕計画の見直しで長期停止に対応出来る設備の改良と取替周期の

 

延伸化に取り組んでいました。

 

 最後に事前質問の回答と海水淡水化センターパンフレットをいただきました。


9月定例会(4)

最終日(10/2)は、諸般の報告後に、議案第70号〜第82号に対する各委員会の

 

委員長報告後、表決を行い『平成30年度松山市一般会計補正予算(第5号)』

 

始め13件を原案可決、可決あるいは同意しました。

 

次に、請願第1号と請願第2号が委員長報告後の表決で不採択となりました。

 

次に、請願第3号が表決の結果、継続審査となりました。

 

次に、認定第1号と認定第2号が簡易表決で継続審査と決定しました。

 

次に、愛媛県後期高齢者医療広域連合議員の選挙で北澤副市長が当選しました。

 

次に、議案第83号『教育委員会委員の選任に関し同意を求めることについて』

 

が簡易表決で同意と決定しました。

 

次に、議案第84号『人権擁護委員候補者の推薦について』が同意と決定しました。

 

最後に、意見書案第2号と意見書案第3号が簡易表決で原案可決と決定しました。



武田こういち後援会事務所

〒790-0963
松山市小坂5丁目18-6